みずき整骨院 > スポーツ障害の治療 > 足の障害・痛み

足の障害Knee disorder

足首の捻挫Sprain of the ankle

足首の捻挫

足首は捻挫を発症しやすく、大半は外くるぶし付近の捻挫です。
その理由は以下になります。


@常に体重がかかっている。

A足首を伸ばした状態では関節が緩くなり、捻挫しやすい。

B関節の可動域が狭い。

C内側と外側の靭帯を比較すると、外側の靭帯が弱い構造となっている。


以上の理由から足首を伸ばした状態から、強く捻った時に捻挫をすることが大半です。


また捻挫を起こしやすい部分があり、外くるぶりの前下方にある
前距腓靭帯(ぜんきょひじんたい)という外側靭帯損傷が大半になります。

足首靭帯の図



重症度の度合いは「前距腓靭帯」「踵腓靭帯」「後脛腓靭帯」という風に
前方から後方に向かって悪くなる傾向にあります。

足首の捻挫で腫れや内出血が強い場合、剥離骨折している場合もあります。
骨折の場合はギプス固定などで、しっかりとした固定が必要なので自己判断だけでは危険です。

ページトップへ戻る

原因


多くはスポーツや階段の段差の踏み外しなど何かの衝撃やねじれ、転倒などによって関節に無理な力がかかり、関節が動ける範囲を越えて曲がりすぎたり、伸ばされすぎるなどしたときに、捻挫が起こります。

ページトップへ戻る

症状

足首を動かしたり、歩行や荷重で痛みが生じます。見た目では内出血や腫れが顕著に現れますが、軽症な時は内出血は見られません。



右の写真は中度の捻挫ですが、腫れや内出血が顕著で足首の外くるぶし付近に強い痛みが急激に現れた場合は骨折をしている場合もあり、注意が必要です。

ページトップへ戻る

治療

受傷直後はRICE処置を行います(安静、冷却、圧迫、挙上)。
痛みを和らげるためにテーピングや包帯を使って固定します。


重症度 治療期間 固定方法
軽度(痛みはあるが歩ける) 固定期間は1〜2週間。 包帯固定 or テーピング
中度(痛みが強く歩行が困難) 固定期間は約3〜4週間。 U字形ギプスシーネ
重度(靭帯完全断裂、骨折) 固定期間は6週間以上。  ギプス固定

足首の捻挫では損傷の程度により治療のスケジュールが異なります。
したがって損傷程度に合った治療が必要となりますので、適切な治療を受ける必要があります。

また靭帯断裂の場合、不適当な治療が行われると習慣性の足関節亜脱臼などになるので注意が必要です。

ページトップへ戻る




ギプスを用いた包帯固定
足首の捻挫でひどい場合はギプス固定します。

包帯は綿包帯を使用し、松葉杖を使うこともあります。

ページトップへ戻る




テーピング
軽い症状では伸縮性のあるテーピングでも効果があります。強く固定しませんので、日常の生活に支障が出ません。適切にテーピングをすれば、軽い固定するだけでもかなり楽になります。

ページトップへ戻る

治療

ある程度痛みが取れてきたら、リハビリを行うことが重要です。
リハビリは単調で面白いものではないですが、早期復帰のためには必要不可欠なので頑張りましょう。


△タオルギャザー
目的:足裏の筋肉を鍛えます。

床に敷いたタオルを指を使って手繰り寄せていきます。
10回x3セット


△アルファベット
目的:関節の可動域を広げ組織の循環をよくする。

@仰向けになり、足のしたに物をおいて足首を宙に浮かせる。
A足首だけを動かして、アルファベットのA〜Zまでを大きく描いていく。
B2〜3回繰り返す。




ページトップへ戻る

足底腱膜炎Achilles tenonitis


足底腱膜炎、負傷部位

足の指の付け根からかかとまで、足の裏に膜のように張っている腱組織・足底筋膜に炎症が起き
小さな断裂を起こして痛みをもたらす疾患で、 多くはかかとの骨の内側の前あたりに痛みが起こります。

ページトップへ戻る

原因

4050歳代になると、老化に伴い、古いゴム管にひびが入るように
足底腱膜のかかとに付くあたりを中心に炎症が起こります。

若い世代ではジョギングやスポーツの使いすぎなどに多く発症します。

ページトップへ戻る

原因

足底腱膜炎は、足底、すなわち足の裏にある腱膜の炎症で、歩いたときの踵の痛みが主な症状です。

朝、起きて歩き始めたときに痛むのが特徴的で、日中はあまり痛みを感じない。

こうした症状を自覚したときは、まず1ヶ月ほど様子を見て
その後も痛みが続いたり、強くなったりして日常生活に支障を来す場合は治療が必要です。

ページトップへ戻る

治療

足底腱膜炎 施術

急性期では局所の安静がなによりも大事になります。

ジョギング、ウォーキング、階段の昇降など運動を避けて水泳や自転車運動など体重がかからない運動にします。

治療では電気治療や温熱療法などの物理療法を行いストレッチや手技にて足裏の柔軟性を高めるようにします。

歩行時の痛みが強い場合、ヒールカップなどを使って患部を保護します。

ページトップへ戻る

ストレッチ


朝の起床時に痛みが出やすいので、ベッドから起きる前にストレッチすれば、夜の間に硬くなった足底腱膜をほぐす効果があります。

ストレッチは足指を伸ばし、足首を反ら足の裏を20〜30秒充分に伸ばすようにします。

これを1日2〜3セット行います。





ページトップへ戻る

アクセスAccess/Parking lot

ページトップへ戻る

みずき整骨院 受付時間


スマホ向け表示



アクセス

施術メニュー

症状別

「エキテン」

対応地域

Copyright(C) みずき整骨院・鍼灸院 All Rights Reserved.