みずき整骨院 > 症状別のお悩み > 五十肩の治療

四十肩・五十肩adhesive capsulitis

五十肩adhesive capsulitis

五十肩イラスト

五十肩は一般的に40〜50歳くらいに発症しやすいのでこの様な名称になっていますが実際には70歳を超えて初めて発症することも珍しくありません。


急性期〜痛みだして1〜2ヶ月。炎症と痛みが強い。

慢性期〜急性期を過ぎた頃から慢性期になり、関節が固まりやすい。






症状

五十肩で腕が上がらない

肩関節の運動痛が顕著に出ます。

腕を横に水平に上げると痛む

手が頭の後ろに回らない(シャンプー洗いが出来ない)

手が腰に回らない(エプロンの帯が結べない)


他には関節が固まって動かない、夜間痛、手や指などへの放散痛です。

ページトップへ戻る

治療(急性期

五十肩の振り子運動

五十肩、四十肩の急性期には消炎、鎮痛に主眼をおきますので アイシングで患部を冷やしたり 負傷部位以外の遠隔部の治療点に対しての治療を行います。

特に安静が一番大事で、1〜2ヶ月間は痛む動きは制限します。また日常の生活では三角巾などで腕を吊ると楽になります。

しかし痛むからといって動かさないままでいると癒着が起き、関節が固まってしまう原因となるので『振り子運動』などの優しい運動を指導いたします。

ページトップへ戻る

治療(慢性期

慢性期では関節が固くならないように、電気治療や温熱療法などの物理療法と運動療法を行います。
慢性期では運動療法で関節をやわらげ、固まるのを防ぐことが大事です。

五十肩ストレッチ写真

運動療法では固まって上がらなくなった肩関節を本来動く方向へ、専門的なアプローチで運動を行いますが肩を動かす際、無理に動かしたり乱暴に扱うと肩関節の炎症が悪化することがあるので運動療法(リハビリ)には専門の知識が必要となってきます。

また、この時期に積極的に運動療法をしていかないと 拘縮(こうしゅく)と言って関節が固ってしまう症状が発生し治癒が遅れます。

当院では拘縮予防のためにリハビリ専門のスタッフが、自宅で出来る運動療法を指導させていただきます。
五十肩での治療期間はおおよそ3〜6ヶ月になります。

ページトップへ戻る

寝るときの姿勢

五十肩の寝るときの姿勢イラスト

夜間痛がある時は、痛むほうを上にして横向きになるのが基本です。

就寝時に抱き枕や、肩関節の下にタオルを挟むなど日常生活にも工夫が必要となってきます。

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る

アクセスAccess/Parking lot

ページトップへ戻る

みずき整骨院 受付時間


スマホ向け表示



アクセス

施術メニュー

症状別

「エキテン」

対応地域

Copyright(C) みずき整骨院・鍼灸院 All Rights Reserved.